根本的な治療法

アルツハイマーは根本的な治療法がないため生活習慣の改善や薬の服用を続けていく必要があります。それと同じで糖尿病も一度発症してしまうと根本的に改善することができないとされています。現在はインスリンを利用した治療法もあります。

骨盤底筋を鍛える

腹圧性尿失禁である尿漏れの症状で悩んでいる方は、骨盤底筋トレーニングの体操を試すと良いです。尿漏れを気にしていた憂鬱な生活から抜け出し、元気ハツラツ楽しい時間を過ごしていきましょう。

自律神経のバランス

自律神経失調症は活の改善から見直していくことが大事なのです。不規則な生活から早寝早起きを行ない、食事からバランスよく栄養を摂取していくことで改善につなげていくことができます。

仕組みを知り予防する

早期治療がカギになってくるアルツハイマーの治療は事前に正しい予防と治療の知識と流れなどを知っておくべきでしょう。

増える認知症

超高齢化社会に突入しようとしている日本では、認知症の人やその可能性のある人が約4人に1人いるといわれています。ですので、以前よりも「認知症」という言葉が一般的になり、家族や親戚など身近にいる人で発症している人や実際に介護をしている人も多くいます。家族が介護することは当たり前とされていましたが、発症している人や可能性のある人を介護することは介護者の大きな負担となります。そのため、老人介護施設の入所やデイサービスの利用といった、介護サービスが受けられるよう法が整備されました。また、認知症や介護の専門的知識を持った介護士の誕生や、市民向けの認知症に関する勉強会が各地で開催されるようになり、国民の関心度も高くなってきています。

治る病となるように

認知症にはアルツハイマー型やレビー小体型、脳血管性認知症などいくつかあり、それぞれ原因や症状が異なります。また、最近では40代や50代の人が発症する「若年性認知症」も広く知られるようになり、誰が認知症になってもおかしくない時代になってきています。そのため、認知症のしくみの解明や予防方法、効果のある治療方法などの研究が日々行われています。少しずつ原因やそのしくみがわかってきており、日頃の食生活や運動といった生活習慣を見直すことや脳のトレーニングが効果のある予防といわれています。このような研究は今後さらに進み、認知症に効果のある予防方法や特効薬が開発され、発症しても治る病となることが期待されています。

Recommended Link